選ぶのが難しい年代

レディ

難しさを克服して美肌を

どの年代にとっても化粧品選びは常に難しさが付きまといますが、とりわけ50代になるとよりいっそう化粧品選びが難しくなるといえます。若さで乗り切ることができる年代を20代から30代の初め頃までと位置付けるなら、最初に難しくなるのは40代でしょう。若さで乗り切るには年齢を重ねてきましたし、化粧品が合わなくなってきたり、もっと何かが必要だと感じるようになる年代だからです。そしてさらにその上を行く50代となると、化粧品の果たす役割でもっとも大きなものは老化を阻止することになります。肌にはシミやシワがくっきりと刻まれてくる年代ですので、もはや隠したり、そこに問題があることに気づかないふりをするわけにはいきません。50代におすすめの化粧品は、化粧水と組み合わせて使うオールインワンゲルです。オールインワンゲルはそもそも、化粧水を使わなくてもこれだけで保湿ができるメカニズムで作られていますが、そこにあえて化粧水を加えるのがおすすめなのは、より保湿力を高めるためです。使う順序は、化粧水、オールインワンゲルの順にすることがポイントで、その理由はオールインワンゲルは表面は油分で覆ってしまい、その下で徐々にゲルが皮膚に浸透し、水分に変わるという特性を持っているためです。よって、水分の蒸発を防ぐ油分の膜ができてからでは化粧水が入れなくなりますので、先に化粧水をつけるのが基本です。50代の肌悩みの多くは乾燥が原因で起こるとされていますので、保湿成分をたっぷり摂ることが一番のおすすめポイントです。そのためには、化粧水とオールインワンゲルという二つの保湿成分で、じっくりと乾燥肌を潤していくことがおすすめのお手入れであり、化粧品のベストなチョイスだといえます。